2015年12月

アレルギー対応のバースデーケーキ

乳製品と卵を使わないバースデーケーキ

乳製品と卵のアレルギーがあるお客様のお兄ちゃんのために、今年で3回目のアレルギー対応のバースデーケーキを作らせて頂きました。

乳製品と卵は使わないで作るケーキは、スポンジが難しく何度も失敗してましたが、今回は上手く焼き上がったと思います。

でも、もっと美味しく作れないかといつも考えております。

喜んでくれるお兄ちゃんの笑顔が見たいので。

 

お兄ちゃんは乳製品と卵のアレルギーがあるので、学校の給食に出てくるパン類は食べれません。

家庭からアレルギー対応のパンを持参しています。

時にはシチューも家庭から持参したりするそうです。

 

私達は、学校の給食に出てくるパンに形や色や味をなるべくちかづけて作っています。

 

お母様にも学校の栄養士さんにパンの大きさ、重さ、など聴いて頂きながらお友達と同じパンとして食べれるように作ります。

 

日頃から食事に気をつけてるお兄ちゃんは、

弟くんのバースデーケーキも食べれません。

お母様の作ったアレルギー対応のホットケーキに豆乳クリームをのせた愛情たっぷりのケーキを作ってもらって食べるそうです。

 

なので、お兄ちゃんのお誕生日のケーキだけは、家族みんなで食べてもらえるケーキを作りたいのです。

お兄ちゃんも弟くんもパパもママも、みなさんでお兄ちゃんのケーキを食べもらいたいので何度も試食して作ります。

 

お兄ちゃんのケーキは特別じゃなくって、ご家族でもお友達もいっしょに食べれる美味しいバースデーケーキなんです。

特別じゃない普通のバースデーケーキとして食べてもらえれば、私達は嬉しいのです(^_^)v

いつも、頑張ってるお兄ちゃんの笑顔で元気を頂いております(^_^)

image

漫画家のおちゃずけさん来てくれました。

今日もクリスマスプレゼントを頂きました。

 

私にも突然のプレゼントが届くとは思っても居なかったので本当に嬉しいです。

 

今日は、漫画家のおちゃずけさんが来てくれました。

 

おちゃずけさんは、宗田先生の【ケトン体が人類を救う】が増刷につぐ増刷で、お祝いにケトンくんを主人公に大長編のマンガを書いてます。

 

ケトンくん最大の悲劇「ケトンアシドーシスの誤解」

 

本の中でケース①のページをマンガにして、わかりやすくケトンアシドーシスとケトン体の解説をしています。

私にとっても馴染み深い大切な場面です。

本当に嬉しい限りのプレゼントを頂きました。

 

宗田先生にも、下城さんにも、おちゃずけさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

いろんなプレゼントを頂きまして有難う御座いますm(_ _)m

 

 

後で気がついたのですが、おちゃずけさんにサイン貰えばよかったです(≧∇≦)💦

 

http://s.ameblo.jp/ocyazke00/entry-12107587271.html

image

熊本から来られたお客様

先週はたくさんの方がお店に来て下さいました。

佐々木先生や、ケトンジェニックの安倍さんや、Facebookでお見掛けする方など本当にたくさん来て頂きました。

そして、おちゃずけさんのマンガにチョコっと書いて頂いたりして、本当に嬉しい出来事がたくさんありました。

それで、たくさんの出来事を少しづつブログに書いていきたいと思います。

 

今日は、先週の木曜日に熊本県から来られたお客様のお話を載せます。

東京には仕事で来ていた方で、東京に行った時はみんなのパンに行く事を楽しみにしていたそうです。

熊本からと聴いて、いろいろお話をさせて頂きました。

1歳のお子さんがいるお母さん、妊娠糖尿病でお子さんを産んだ事。

今も、血糖値が高くって糖質制限している事。

これから二人目のお産の事。

本当にいろいろお話をさせて頂きました。

お客様は…「妊娠糖尿病で薬を使っていた時はだんだんと疑問を感じていましたが、相談できる人も場所もなかったんです。仕方なく病院の指導で薬を使いながらお産をしました。」

妊娠糖尿病の事や糖尿病の事は、周囲の方には言ってないそうです。

お客様は…「子供を産んでから、1年経ちましたが二人目を考えています。でも普段から血糖値が高いので糖質制限を実践している産婦人科を探していますが、熊本にはないみたいです。

今直ぐに、二人目とは考えてないのですが、2年先には二人目を産みたいと思っていますが、また薬を使う事はしたくないのに糖質制限を実践して産婦人科が熊本に無いのが、不安で不安で仕方ないのです。」

お客様は薄っすら目に涙をためていました。

今まで、糖質制限の事や妊娠糖尿や薬の事、産婦人科で困っている事を話せる相手も居なかったし、解ってもらえないと思ってしまって一人で悩んでいたそうです。

当然のごとく宗田先生をご紹介するのですが、熊本からは通えないしなぁ。

その方も宗田先生の【ケトン体が人類を救う】を読んでいて、熊本にも宗田先生までとはいいませんが、糖質制限を取り入れてる産婦人科を探し続けているそうです。

そこで、熊本県で糖質制限を取り入れてる産婦人科をご存知の方がいましたら教えて頂きたいのです。

高血糖、妊娠糖尿病、血糖値コントロールの相談できる病院も教えて下さい。

メッセージでもみんなのパンに投稿して下さい。

そのお客様にお伝えしますので、宜しくお願い致しますm(_ _)m

image

広島から来てくれました

2013年の4月頃にはじめて来て頂いてから、東京に来たついでに時間があればお店に寄って頂いている西本さんです。

西本直さんはトレーナーをしています。

過去には、

Jリーグ サンフレッチェ広島のコンディショニングトレーナー

Jリーグ ヴィッセル神戸のフィジカルコーチ

広島東洋カープ佐々岡投手のパーソナルトレーナー

Jリーグ 川崎フロンターレ トレーニングコーチなどをされていた方です。

今は広島で、『conditioning Studio 操』トレーナーズルームのお店をされており「操体法」をベースにした体のケアと、個別のトーニング指導をとています。

西本さんも厳密に糖質制限を続けている方なのでお店に来て頂いた時のは、糖質制限のお話をさせて頂いています。

西本さんのお話を聞くと糖質制限の良さを改めて感じます。

また、東京で西本さんのセミナーを開催される時にはお店に寄って頂ける嬉しいですね。

これからも、西本 直さんのお活躍を陰ながら応援していきたいと思います。

http://number.bunshun.jp/articles/-/688431

image

 

ふすまのリースパン

ふすまの生地でリースパンを作ってみました。

お店の飾り用です。

乾燥させてからキキのレジの下あたりに飾ろうと思ってます。

お店に来た時は、さがしてみて下さいね。

image

12月にはバター不足とお店の成長

12月に入りました。

カレンダーが一枚になってしまい、今年もアッと言う間だと思っておりますm(_ _)m

毎年なんですが、12月頃からバターが入らなくなります。

毎年恒例と言ってもいいぐらいです。

低糖質のパンには必要な材料なんですよ。

問屋さんからは

「問屋でもバターは数量限定されていて、その上クリスマスシーズンの為、需要が高く全国的にバター不足になってます。それで、優先的にケーキ屋さんにバターがいきますので、パン屋さんにはバターは回らないです。」

とアッサリ言われます。

パン屋さんもバター使うんですよ💢

クリスマスシーズンなんで、普段よりバターを使った商品だって作るんですよ。

と言っても、バターはケーキ屋さんが優先的で納得してます。

これが、毎年恒例の行事のごとくバター不足で小さいお店(ここだけ?)は重要視されない事がよくわかる時期なのです(T ^ T)

毎年なんで、問屋さんには取り敢えずバターをお願いしときますが、断られるのが前提ですので次の手は買い出し。

昨日は、買い出しに行きました。

業者さんしか入れない大手の業務用スーパーさんには、普段より業務用バターが置いてあるので安心して出かけました。

しかし、ここでもバターがないΣ(・□・;)

バターがないのは困る〜う。

では、次の手は……。

違う店舗にバターがあるか確認をしてもらいました。

しばらく待たされて…

やった‼︎。

都内の店舗はバターが無いので、お隣の千葉県の店舗ならバターがあると言われ、

早速、お目当のバターの取り置きをお願いして取りに行きました。

この時期は、うちのお店ではバターでヒヤヒヤされられるです。

パン屋でもバターはいっぱい使うんです(≧∇≦)

来年こそ、バターが後回しされないような重要視されるお店の成長を願う時期でもあるのですm(_ _)m

image


 

棚のパンは完売しました

いつもご利用頂きまして有難うございます。

今日は『パンの日』で手作りパンが10%引きになる日でした。

手作りパンは、小麦粉を使ったパンやふすまパン、大豆パンと乳製品と卵を使わないパンもありました。

お客様の中には、健康な方も糖尿病の方もアレルギーの方もダイエットの方もいらっしゃいましたが、パン屋で極普通にお好みのパンを買われていかれます。

アレルギーの方でも、血糖値コントロールしてる方でも、パン屋でパンが買える嬉しさが伝わってきます。

皆さんが笑顔で帰られます。

私達は元気を頂きました。

今日もお店に来て頂きまして有難うございます。

明日は定休日でお店はお休みですので宜しくお願い致しますm(_ _)m

お疲れ様でしたm(_ _)m

image