昨日、私の感じた事。

昨日、私の感じた事。

『墨田・江東パン祭り』に参加して感じた事。(長文です)

昨日は「ブログ見て来ました。」「Facebookを見て来ました」と言って頂いたり、下城ファミリー、鈴木さん、小林さん、細井さん、猪野さん、他にも糖質制限のお友達が応援のコメントを頂いたりで、頑張れました。有難う御座いますm(_ _)m。

本当に本当に嬉しかったです٩(^‿^)۶

昨日は開始早々、『みんなのパン』や『低糖質・糖質制限・糖質オフ』や『ふすまパン・大豆パン』を知らない方が圧倒的に多い状態で、みんなのパンを素通りするし行列も出来ない。両端のお店に吸い込まれていく感じでした。

悔しく、情けないと思いなが、大きな声で呼び込みを始めました。
低糖質のふすまパンと大豆パンを販売しているのはみんなのパンだけなので\\「ふすまと大豆粉で作ってるパンです。お砂糖を使っておりません。低糖質のパンになります。一度食べみて下さい。」//と声張り上げました。

みんなのパン以外は、地元でも有名なパン屋さんばかり、呼び込みをしなくても行列ができるのです。
徐々に気がつかれた方が並んでくれるようになっていきますが、小麦粉のパンより値段が高いふすまパンと大豆パンなので、一度みて辞めてしまう方もいました。

それでも声を張り上げ、低糖質パンの事を言い続けいると「どんなパンなの?」「低糖質のパンてなに?」「ふすまパンて?」「大豆パンて?」の質問が増えました。
ミンパンの田原迫さんが丁寧に対応し、そして買っていく流れが出来て来ました。

みんなのパンの販売するパンの個数は周りのお店より少ないので直ぐになくなってしまう事になりましたが、そんな中で、私が感じた事がありました。

主催者側のスタッフ1人がお金の管理でレジを担当する事になっていました。
スタッフ方には、レジをお任せするだけで低糖質パンの説明も糖質制限の事も一切伝えません。お金の管理だけに集中してもらいたかったのでなにも説明しませんでした。

そのスタッフの方は、忙しい午前中レジを1人でこなし、とても大変だったと思い、午後から体制を変えて田原迫さんとスタッフさんで袋入れとレジを担当して、私が接客と商品説明する事にしました。

午後からは無難にこなせるようになり、私も余裕が出来てお客様とお話をしながら楽しく販売する事が出来ました。
そして、後少しで完全完売する時に、レジをお任せしてたスタッフの方が、\\「このふすまパンは体にいいパンです。是非、食べて下さい。」//、と何度も大きな声で宣伝してくれていました。

その姿を見た時、「体にいいパン」って言ってる〜〜、分かってくれたのかぁ〜、とホッとしたような、嬉しいような、なんと言ったらいいか『ジ〜〜ン』と私の体にしみてくる言葉でした。

「間違ってないんだ。伝わるんだ」と強く感じる事が出来ましたね。

本当に『パン祭り』に出られて、勉強する事、感じる事が多かったと実感しています。

最初の頃は、期待と不安でいっぱいで、大量のパンを作る苦しさもあって、本当にどうなる事か「売れなかったらどうしょう」と心配してましたが、現場で沢山の方に応援してもらってると肌で感じる事が出来ました。
本当に嬉しかったです。

この経験をいかして、これからも低糖質・糖質制限の良さを伝えていきます。

img_3133

img_3142

Comments are closed.

パン3
パン4
パン2
パン5