ケトン食・修正アトキンスの食事療法に関する勉強

ケトン食・修正アトキンスの食事療法に関する勉強

今日はGlut1(グルットワン)異常症患者会主催の勉強会に参加して来ました。

【食事療法に関する勉強会・交流会in関東】

◎東京女子医科大学病院  小児科  伊藤先生の『Glut1欠損症の病因と病態』〜なぜ症状の軽重があるのか〜

◎東京女子医科大学病院  栄養管理部  橋本先生の『ケトン食の実際』〜災害時の備え〜

◎ケトン食・修正アトキンス  実施家族からの体験談   『我が家の日常〜食事療法のある毎日〜

◎質疑応答

他にもGlut1欠損症を治療している先生方、協力しているメーカーさん、そして沢山の方が参加していらっしゃいました。

小児科の伊藤先生はGlut1欠損症の解説、遺伝子の事、症状、ケトン食の重要性など聞かせて頂き

栄養管理部の橋本先生は災害時ケトン食の備え提案、災害時の食事を耐熱ビニール袋で作るケトン食の紹介と試食

試食はビニール袋で作るサバイバルタイ風カレーとサバイバルセサミクッキーを頂きました。凄く 美味しかった。

他にも沢山のお話を聞くことができましたし、参加されたお母様のお話も聞く事が出来ました。

ケトン食・修正アトキンスの食事療法の大切さ、食事療法の継続の重要性を改めて実感しましたし、勉強になりました。

そして、Glut1異常症患者会の役員さんの普及活動を積極的に行っています。

まだまだ、先天性の病気のため、食事療法や食事制限をしなければならない事を知るキッカケになるように頑張っていらっしゃいます。

私達パン屋としてはケトン食パンを作りたいと考えいますが難しいです。できれば、「ケトンフォーミュラ」が一般的に使えるようになれば、ケトン食、ケトン食パンが広がると思いました。

今日は参加させて頂いて有難うございましたm(_ _)m

 

https://www.facebook.com/glut1ds/

img_2984

img_2985

 

 

Comments are closed.

パン5
パン3
パン2
パン4