突然、とあるメーカーが来た。

突然、とあるメーカーが来た。

毎週、水曜日はお休みなんですがいろんな仕込みの作業はしているので、お店には私達はおります。

今日もお店にいた時に、とあるメーカーさんがアポ無しでこられました。

いつもなら、仕込みも忙しいのでお断りするのですが、何か気になりお話を伺う事にしました。

そのメーカーさんは低糖質の材料を新しく開発したのでパン屋さんで使えるか聞きたいとの事。

とっても自信を持っていらっしゃったみたいです。

本業は低糖質とは関係ない商品を扱っていて、今回、低糖質の目線で考えた商品の開発に取り組んで作った商品で、低糖質のパンの材料になると思っていると伺いました。

低糖質の材料は少ないので、有難いお話だと思って商品を見せて頂きました。

う〜〜ん、糖質量が高い(^_^;)  今、使ってる材料よりはるかに高い糖質量。

正直に「この糖質量だと、私達は使いません」と、お伝えしました。

パン屋さんにすすめる材料なので、低糖質パンの現状や、お客様の現状、低糖質の材料の事などいろいろお話をさせて頂きました。

ふすまパンを売り出して、もう10年以上になるのでそれなりのノウハウを持っていますし、今の現状や低糖質や糖質制限の理解度など、私が肌で感じている所をほんの少しだけお話をさせて頂きました。

低糖質の材料を取りか使うのは難しいです。

ふすま粉、グルテン、大豆粉、その他の材料を入れて混ぜてだけで低糖質のパンは出来ません。

緻密な計算、引き算、時間、タイミング、試行錯誤の繰り返し。

本当に体力のいるお仕事に忍耐力がいるし、知識も勉強もしないとダメです。

「これからの低糖質は広がる事になるでしょう」と言われていました。

本当に理解を深めて低糖質の材料を作って頂けるともっと広がりやすくなると思っておりますが…

先ずは、糖質量を見直してみてほしです。

でも、私達が厳しすぎるのかなぁ〜と思ったりして(^_^;)

そして本当ならアドバイス料は貰えるのかなあ〜。

 

 

Comments are closed.

外観
パン5
パン6
パン3